「この世を変える、たったひとつのやり方」

この世のすべては「意識」で出来ている。
この認識をまず、持ってほしい。
 

ジョン・レノンは「イメージしよう!」と言った。
そしてマイケルは「癒やそう」(Heal)と言った。
癒やすとは精神的な意味で、病気を治すとは意味が違う。


56c83b0bbe64be59fcc164934fe25319.jpg


michaeljackson.jpg


 

ボブ・マーリーは「ONE LOVE」と歌った。
キヨシローは「イマジン」を日本語で歌ってくれた。


41HCV6B1MCL.jpg


20090502224942.jpg



 
61I3.jpg



あの、アナスタシアのお父さんは歌唄いだったと言う。
その美声に誰もが聞き惚れ、その歌に皆が影響されたという・・
その影響力を恐れた権力者が彼を牢獄に閉じ込めたという。
現代なら暗殺される・・・という事か。
 

それはなぜか?
権力者は何をそんなに恐れたのか?
 
 
アナスタシアのお父さんはどんな歌を歌ったのか?

 
現代の歌にも、それが唄われている。
これらの歌たちは、まるで物質的な事を唄っていないのだ。

デモに行こう、とか革命を起こそうとも言っていない。
すなわち反社会的な内容でもないのだ。
 

じゃあ、なぜこの歌達を唄った歌手たちが弾圧されてしまうのか?
一体、権力者側は何を恐れているのか?と言う事だ。
 

それは民衆の「意識」が変わる事なのだ。
それが権力者側が一番恐れる事なのだ。

 
すなわち彼らは「この世は意識で出来ている」事を知っているわけだ、人々の意識を利用すればこの世は征服出来ると・・・彼らはずっとその方法を使ってきた。

 
そしてもうひとつ彼らが恐れる事があるのだ。
それは「愛」という「宇宙最強の力」に民衆が気づいてしまう事だ。そしてまた、それは「意識の変換」で起こる事を知っているからだ。
 

彼らが(権力者側)恐れているのはこの2つだ。

 
しかし逆に考えれば、これは彼らの弱点だと言っていいわけだ。
すなわち・・・彼らを倒せる力を我々は皆、持っていると言う事なのだ!

 
*「意識を変換」して「愛」に目覚める*

 
これだけでいいのだ!
これだけ!

 
たったこれだけの事で、この世は変わってしまうのだ!
向こうが使って来た「やり方」をそのままお返ししてやるだけ!
そういう事なのだ。

 
いくらデモをやっても、反対しても、あっちは痛くもかゆくもないんだ、彼らが一番恐れているのは「意識が変わる」ことなんだ。

 
ジョン・レノンもマイケルもボブ・マーリーもキヨシローも、その事を伝えようとしてた、みんなでそれをやったらどうなるか?彼らはそれを知っていたんだ、それはこの世で一番伝えてはいけない、隠されてきた「教え」なんだ。



 
僕の言いたい事はもう解るでしょう?
そう、みんな「意識」を変えて「愛」最優先で生きてほしいのだ!
生活がどう、とか収入がどうとか、そんな事はどうでもいいんだ、とにかく「愛」最優先に生活を切り替えてほしい!

 
どんな仕事をしてようが、酒を飲んでいようが、タバコを吸っていようが、電気を使っていようが、車に乗っていようが、右翼だろうが左翼だろうが、そんな3次元的な事はどうでもいいのだ! ニュース見て一喜一憂する暇があったら「愛」に真剣になってほしいのだ、神社にいくら行っても、自分を癒やしても他人を癒やしても、踊っても歌っても、世界は変わらないのだ。

 
愛こそすべて!なのだ、ただひたすらに「愛」に目覚めるのだ!

 
そして、それがどんな社会運動よりも、一番「強力」なんだと知ってほしい、「宇宙最強」なのだ! だから全力で「愛」を見つけてほしい!全力で愛し愛されてほしい!本当にそれだけでいいのだから!

 
「世界を変えるたった一つのやり方」はこんなに簡単なのだ!本当にこれだけ、ものすごくシンプル。

 
「愛」最優先に意識が変わると、自動的にお肉を食べられなくなったり、自然の少ない所は居心地が悪くなったり、またパートナーがすぐに見つかる人も多い、逆に離婚する人も出てくる、自然の多いところに引っ越したり、仕事を変える人も出てくる、それは3次元的な価値観が変わって来るからで、自然と起きる事が多い。
 

 
 
と言う事で、これを読んじゃった「あなた」!
 

今から「愛」最優先の生活に「意識変換」して下さい!


 
あなたが世界を救うのです!
 

         




















(意識的にお肉を食べるをのやめると意識変換が早くなります)







にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト