意識レベルを上げるには・・・


*この宇宙を作り出している基本原理は「回転運動」です*

201105_21_32_b0082732_11403869.jpg
 

遠心分離機と言う機械があります、あれにそこらの土や砂や石ころや水を入れて回すと何が起きるか・・・・結果は重い物ほど外側に溜まり、軽い物は内側に残るのです、中心には空気が残ります、これが実はこの宇宙全体を作り出している「回転運動」の基本なのです。


この基本構造を元に次元は波動であり、それは密度に関係する、と言う事を念頭に置いて考察すると、我々が住む3次元と言う世界はこの一番重い物理的な世界なのです、すなわち宇宙の中でも最も重い物質で成り立っている世界なのです。


それは密度で言えば、いちばん荒い世界です、そして内側に行くほど密度は高くなり物質は結晶化していきます、最終的には空気、すなわち最も細かい粒子の世界になって行くのです。


これが波動の原理であり、次元の高低を決めています、すなわち次元は高くなればなるほど内側に存在する、と言う事なのです。


これは意識の問題とも関連して来ます、意識は上昇するにつれて内側に入って行く・・・と言うのが宇宙の原理原則なのです。


我々の3次元に捕らわれた意識は肉体の表面、すなわち外側に存在しています、そこは最も重い、密度の荒い世界です、その意識を内側に進めるにはより密度が細かい波動が必要になります。


この密度の細かい波動は原理として内側に行くほど高くなります、すなわち高次元の意識は誰でも内側に持っているのです。


スピリチュアルな世界は内側にあります、決して外側には存在しません、そして基本原理である回転運動の中央には時間と空間を超越した純粋なスピリチュアルな世界があり、そこが魂の故郷、神の世界でもあります、そこは「空」と呼ばれる世界です。

 

たとえば、石の成長は外側に向かって根が生えている植物のようです、内側の空に向かって成長を続けるのが石なのです、水晶の結晶は内側に向かって伸びます、洞窟の中で育つ水晶はその事を表しています。
 

IMG_9295low.jpg

o0418027811812744547.jpg


人間も同じです、我々は内側に向かって成長しているのです、外側は内側の成長に従って大きく成って行くのです、すなわち外側は根っこの世界なのです、植物も同じです、実は成長しているのは根であり、それに伴って幹や葉の大きさが決まるのです、盆栽は根を制限する事によって外側の成長を止めているのです、これが真実です。


そしてこの原理はそのまま、意識の成長にあてはまるのです、すなわち意識は成長すればするほど内側に向かうのです。


これがどういう事か、もうお解りだと思いますが、意識レベルが高い人ほど意識は内側に行くのです、それは外側の世界に影響されなくなって行くと言う事でもあります、外側の世界などどうでも良くなって行くのです、物質的な3次元の価値観にこだわっていればいるほど意識は外側に執着したまま成長をしません、外側の世界は単に物質世界を楽しみ、物事を吸収して楽しめばいいのです。


それは決して執着する事ではありません、どんどん変化すれば良く、多くの事を吸収し楽しむ事で、内側の成長を助けるのです、外側に執着するとはその世界観の問題です、自分の意思で育てた価値観ではなく外側からの影響としての価値観に縛られてしまう事を執着と呼ぶのです、ここを間違えないようにしなければいけません、基本的に外側に影響される事なく、自分自身で育てた価値観でこの3次元を学ぶ事です。


これが意識レベルを上げ成長させていく重要なコツなのです、すなわち外側は根っことしてあらゆる事を吸収して学び、内側の成長の栄養分を作り出して行く事なのです、そのためにこの外側世界、3次元が存在しているのです。


こう考えてもいいでしょう、3次元は我々が成長する栄養分の世界である、と。


宇宙はすべて、回転運動の原理で成り立っています、人間もその法則に従って生きています、老子の言う「無為自然」の「道」とはその事を言います、この原理を知り、この世界で学ぶとはどういう事か、を知れば、我々が見ているこの世界は「根の世界」であると理解出来るでしょう。




実は我々が見ている事は3次元と言う根っこの世界で、そこからいかに意識の栄養分を吸収し、内側の成長に役立てるかが、問われている、と言う事なのです。
 

ここまで書いてみましたが、私なりの表現で書いているので、もっとうまい説明方法があるのかもしれませんが、少しでもこの真実が伝わったら幸いです、少しでも意識レベルを上げて行くヒントになればと思っています。
 


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 最高の人生へ
にほんブログ村            
関連記事
スポンサーサイト