440hzから逃げ出そう!


  432 hz Verdis A

 

1950年にアメリカが主導で音楽の国際基準をA=440hzに決めてしまった。
 

それまでの基準は432hzだったのだが、突然アメリカが変更を言い出して、国際基準にしてしまったのだ。
 

さて、この440hzだが、かなりヤバい振動数と言われている、ある学者は「悪魔の周波数」と言うぐらいに身体に悪いらしいのだ。
 

すなわち、現在の音楽はどんなに癒やし系であろうが、基準が440hzでチューニングされている限り、まったく癒やし効果は無く、身体に悪影響しか与えない音楽になってしまって居ると言う。
 

では、身体に本来良い周波数はと言うと、432hzだそうだ。

 
この432という数字自体が宇宙や自然の様々な数値に値いするという、そして「水」に与える波紋の影響も非常に美しいとされている。


1a581b_0343638b825a45e68c8a64ebbb58719e~mv2

 

我々の身体は60~80%は水である、若い人ほどその比率は大きく、生まれる前の母体の中にいる赤ちゃんはなんと90%が水だと言う、すなわち我々の内部では水の波紋が広がっているのだ。
 

その波紋が440hzだと「破壊的」なものになると言う、そしてわずか8hzしか違わない432hzは非常に美しい波紋となるのだ。


dfb20e3579a253658dea827437a3f268.jpg

 

もう、お解りだろうが音楽は身体に大きく影響する!

 
現代の440hzを基準にした音楽を聴き続けていると、身体も精神も病んで来るようになっているのだ。これは恐ろしい陰謀である!
 

ライアーと言う楽器はこの問題に疑問を感じた博士が作った楽器だと言う、もちろん基準のチューニングは432hzである。
 

またYOUTUBEで432hzを検索すれば沢山の動画が出て来るし、amazonでもかなり出回っているから、簡単に手に入る。
 

とにかく・・・音楽も3次元世界のコントロールには欠かせないものだ、この世はすべて波動で出来ているのだから当たり前の事だが、440hzの陰謀に気づいている人は少ないのだ。
 

さあ、440hzから逃げだそう!!
そして本来の美しい432hzの世界に移行しよう!









関連記事
スポンサーサイト