変化が起き始めている。

   

    246954_204674516243037_158540477523108_551834_1775460_n.jpg


世相を見ていると、近頃は日本人の意識レベルが急激に上がり始めたように感じるのは私だけだろうか?
 

今まで、これほどに一般国民が政治に敏感になった事は無いだろう、これは「目覚め」であり、意識レベルの上昇と共に起きている現象だと思っていい。
 

カウンターバランスと言う「意識レベルの高い人の数が一定の数以上になった時に起こる爆発的な影響」が始まったのだ。

意識レベル&カウンターバランス
 

女性セブンでの「嫌いな男ランキング」を見ても、それが確実に始まっているのが解る、多くの女性達が目覚め始め、現実の虚構を見抜く目を持ち始めているのだ。


女性セブン「嫌いな男」ランキング
 

週刊誌やTV,一部新聞などの記者やディレクターなども、黙っていられなくなって来ている、これも女性の活躍が目立つ。
 

日本人がやっと目覚め始めたのは、ある意味「安倍政権」のおかげだ、この戦後最悪と揶揄される政権はボロがどんどん出て来る、これを見て目覚めない方がおかしいだろう。
 

それでもまだ政権を支持する層がいるが、これは意識レベルの低い目覚めない輩が残っているだけだ、こういう輩はどんな時代でも存在する、ここまで騙され馬鹿にされても気づかないのだから、どうしようもない、放っておくしかないだろう。
 

3次元を支配するために2元性を悪用し、いつの時代も「対立」を生み出すように国民はコントロールされてきた、いわゆる政党政治もその役割を果たして来たのだ、そういう偏向したイデオロギーを両方に振りまいて、対立と争いを大衆内にくすぶらせておけば、大衆は一つには絶対にまとまらないのだ、それがこの2元性を悪用した分裂工作だ、これを分割統治とか分断統治と言う。
 

分割統治
 

すなわち右や左に出来るだけ強く傾くように仕向けられて来たのが今までの政策なのだ、そういうトラップに気づかず、いまだにどちらかに偏る思考を持つのは「残念な人達」である、目覚めず意識レベルも低い、この国の平均値を下げる人達である。
 

しかし、それもさすがに気づく人が増えて来た、また「無関心」と言う低いレベルの層からも上昇し始めている人も増えている、何もかも「アベシンゾー」のおかげであるw
 

一部、商売(バイト)として、政権を持ち上げる仕事をしているプロの書き込み屋などが書いた記事や文章を本気で受け止めている人達もまだ居るようだが、それもあちら側のトラップだから、騙される程度の人達がいるのも仕方がない事だ。
 

それにしても、この数ヶ月、半年程度で世相は大きく変わりつつあるのは確かだ、間違いなくカウンターバランスが効いて来ている、社会を変えるのは人々の「意識」だ、運動でも署名でもない、一人一人の意識が上昇してくれば自動的に社会は変化し始めるのだ。
 

もう、馬鹿は放っておけ!と言う時代に突入しつつある、意識の上昇に付いて来れない人も大勢出て来るが、これはこの社会状況の中でも目覚めないのだから仕方あるまい、放っておくしか処方は無いのだ。
 

このカウンターバランスの効き目が出て来ると、もう誰にも止める事の出来ない変化が始まる、これはもう始まっている、それは目に見えて増えているのだから、ほとんどの「まともな人」はそれを感じているだろう。
 

置いていかれる人、先に進む人。
それは何が起きているのかが見えない人と見え初めている人の違いになってくる、見えている人は「来る未来」を素直に受け取れるだろう、受け取れない人は心がどんどん荒れて行くしか道は無い、なぜなら「今まで通り」には物事は進まなくなるからだ。
 

すなわち、今までのような低いレベルの世界はどんどん狭まって行き、多数であったものが少数に変わり始めるからだ、解りやすく言えば「オセロ」のようにひっくり返ると思えばいい。
 

これがカウンターバランスが効き始めた社会に起きて来る変化の様相だと思っていい、今まで信じられて来たモノが一気に崩れて行く、組織的な思想というものはすべて個に変わって行く、自分自身の心の反映が現実を招いている事に気づけば組織的、集団的思想は必要無い事に気づくだろう。
 

意識レベルが上がると人々は集団ではなく「個」としてつながり始める、宗教や政党、組織は必要無くなるのだ、これがカウンターバランスを広めて行くのだ、すなわち一人一人が真理に近づいて行けば、同じ道を誰もが歩むようになるからだ。
 

人として人類として、この地球に生まれ、あらゆる生命と共存し繁栄して行く道に誰もが気づき始める、この宇宙船「地球号」に乗り合わせた同じ時代の仲間として、誰もが自覚を持つ時が来る、我々は地球を滅ぼしに生まれて来たのではない、この地球で「幸せに生きる」ために生まれて来たのだから。     



     11025821_364464350422884_675050191873115_n.jpg


関連記事
スポンサーサイト