昨今の我が国

   

   frn1702271130001-p1.jpg




以前から北朝鮮を見ていると「こんな政治がこの21世紀に存在している事が不思議だ・・」と思っていた。
 

暴動も起きず暗殺もされずクーデターも起きない、こんなアホな独裁者の横暴を国民は黙って受け入れている。
 
   北朝鮮:喜び組に囲まれてご満悦の金正恩氏


 
 
 

さて、昨今の我が国・・・・
まるで同じ事になって来ている。
それでも48%が支持していると言う、わけが解らん・・・・
この北朝鮮化しつつある我が国の政治をそんなに多数の人が支持していると言う事は、その人達はあの国のようになりたいのだろうか?
 

これはもう、北朝鮮以上に不思議である。
 

なぜって元々自由主義国家の国民が独裁主義に賛成して支持しているのだから、まったくもってワケが解らん。
 

このまま行けば間違いなく北朝鮮と同じような国になって行くのだ、しかしこの国も暴動も暗殺もクーデターも起きない、と言うか、起こせないようにされて行っている。
 

これも我々の「学び」のために起きている、と思えばそれはそれで意味があるだろう、しかし支持率が48%だと言う数字はまぎれもなく「学ばない人達」がものすごく多いと言う事でもある、カウンターバランスはまだ足りていない。
 

どうしてこうも「解らず屋」が多いのだろうか?
アホなのか、馬鹿なのか、洗脳されまくってロボットになっちまったか・・・それとも単に平和ボケか・・・高等教育(洗脳)をまともに疑いもせずに受け入れたツケがまわって来たのか?妖怪「良い子」に憑依されたままの大人が異常に多い・・・


*妖怪「良い子」*
*妖怪「良い子」の妖術*
*妖怪「良い子」の栄養*
*妖怪「良い子」の退治法*

 

何にしても危機感の無い輩が異常に多いのは確かだ。
それでもまあ、ここまでアホなストーリーを見せてもらえれば、少しづつでも気づき始めるだろう、目が覚めると言った方がいいか・・・とにかく徐々に目覚める人も増えるだろう。
  

と言う、希望的観測が間違っていなければいいが・・何かもう最終コーナーを回って最悪のゴールに向かっているように見える事も事実だろう。
 

とにかく一人一人が気づく、目覚める・・・それしか道は残っていない、我が祖国が北朝鮮のようになる事だけは勘弁してほしい。

馬鹿が多けりゃ馬鹿が勝つ、悪が多けりゃ悪が勝つ、これが多数決の論理だ、 
その数がひっくり返る事が最後の望みだろう。
 

一人一人・・・あくまで一人一人なのだ、それが我々一般国民に残された最後の切り札なのだと思う。



 
 
あまり政治の事は書きたくないが、書かざる得ない状況になって来ている、「最高の人生」を送るためにもこれは欠かせない、他のブログの人達もそろそろ声を上げても良い頃じゃないかな・・・現実は現実なのだから・・・・・・



   image-1c98f.jpeg


 
関連記事
スポンサーサイト